2019年秋ドラマ

ハル総合商社の女「最終話」ネタバレあらすじと感想。無料で動画視聴する方法はある?

ハル総合商社の女
ハル総合商社の女・最終話(8話)のネタバレや感想をご紹介します!

最終話:2019年12月9日に地上波放送されました

ハル総合商社の女・最終話の見逃し配信を無料視聴する方法

動画配信サービスのお試し期間で無料視聴が可能です!

社運を賭けた巨大プロジェクトに全てを注ぐ経営企画部。

その裏に渦巻く陰謀を晴はどのように成敗するのでしょうか?~最終話(第8話)のネタバレあらすじを実際に視聴した感想を交えてご紹介していきます!

ハル総合商社の女
ハル総合商社の女の無料動画はある?中谷美紀のドラマ見逃し配信をネットで観る方法 (Paravi編) シングルマザーにして凄腕のキャリアウーマン。海原晴(中谷美紀)が様々な問題をバサバサと解決していくストーリーが爽快!...
ハル総合商社の女
ハル総合商社の女「7話」ネタバレあらすじと感想。無料で動画視聴する方法はある? ※ 第7話:2019年12月2日に地上波放送されました ハル総合商社の女・7話の見逃し配信を無料視聴する方法 動画配...

最終話のあらすじと見所

和田寿史(藤木直人)が「受け取って欲しい」と海原晴(中谷美紀)に手渡したのは預金通帳でした。

離婚後、息子である涼(寺田心)のために何かを残したいと積み立てていたのです。通帳を開いた晴は最初に積み立てられた金額の数字から寿史の強い思いを感じます。

一方、青柳悠馬(白洲迅)が社内応募した事業案を重役たちにプレゼンする日が近づいてきました。

同時に副社長である高山雄一郎(奥田瑛二)は重大な案件を和田に持ち掛けます。新空港建築事業が立ち上がり、公共機関が民間に建築やサービスを委託するというのです。

しかしその裏では一乗寺秀人(忍足修吾)の父である大臣との密約が交わされていました。

高山は出世の欲にまみれていたのです。

入札に向けて経営企画部が一丸となって結束力を強めていく中、一乗寺はひとり思い悩み…。

最終話のキャストや魅力をご紹介!

ハル総合商社の女最終回

海原晴(中谷美紀)

自分の信念を貫き通す姿勢が立派。部下思いだからこその行動力が大きなパワーを生み、最後の大旋風を巻き起こします!

和田寿史(藤木直人)

息子を思う気持ちに涙が出ました!良いお父さんや。

高山雄一郎(奥田瑛二)

私利私欲に負けないで、初心を思い出して~!

青柳悠馬(白洲迅)

いよいよ飛躍のとき、晴から学んだことを活かしてがんばれー!

一乗寺秀人(忍足修吾)

晴に影響を受け、行動を起こします。もうゲーム卒業ね(笑)

最終話の感想レビュー

ハル総合商社の女「最終話」を視聴した感想レビューをご紹介したいと思います!

最終回は鹿もびっくり古都・奈良に空港!

今回の案件はスケールが桁違い!奈良に空港を新しく建設するというビックプロジェクトです。

え?奈良に空港が必要かって?(それは置いといて 笑)建設するだけでなく空港内のサービスや維持管理もまるっとまとめて民間に委託するというPFI(プラーベート・ファイナンス・イニシアティブ)ということで、経営企画部は力を合わせて戦略を練ることになります。

そこで、今まで晴が携わったプロジェクトが回想シーンと共に流れます。

晴のプロジェクトを回想シーンで振り返る

飲食店はラーメンがいいね(第1話)や病院をテナントで入れよう(第2話)などなど。後日談もあり、「なるほどあの話はそうなったのね~」と、ふり返りつつ楽しめました。

空港をひとつ任されるというのは「ラーメンからロケットまで扱う総合商社」の強みが生きる巨大プロジェクトなのですね~。

高山の悪巧みは最終話も健在!

それだけ大きい案件ともなると、確実にものにしたい!これを機に社長の座が欲しい!と悪代官様である高山は策をめぐらせます。決定権を持つ大臣となにやら裏工作を企むのです。経営企画部の実力を信じずに、汚い手で入札を勝ち取ろうという魂胆です。

前回から伏線が張られていましたが、その大臣とは忍足修吾さん演じる一乗寺様(大コネ入社)の父親なのでした。高山は「お前はいるだけで何もしなくてもいい、それだけで優秀な社員だ」と一乗寺様を褒めるのですが、それが逆に目覚めるキッカケになったりして。

自分の置かれている立場を見つめなおしたのでしょう…一乗寺様!最近はゲームを止めて、晴に言われてコピーを取ったりして、徐々に経営企画部にも馴染んできておりました。

ドラマのテーマは商社パーソンとしての誇りについてだと改めて思う

毎回、様々なテーマを掲げてきたドラマでしたが、奥底にある裏テーマは「商社パーソンとしての誇り=仕事に対する姿勢」だったような気がします。

晴のポジティブで痛快な仕事ぶりはどの職種にも通じるものがありますよね。そのパワーで周りを巻き込み変えていくなんて、やはり晴は出来る女ですね!あっぱれ!気になる親子関係もこころ温まる進展があり、一応の結末となった思います。

最初の頃は寺田心くん演じる、大人びた10歳児・涼が気になりましたが笑 ものごとを俯瞰で見ることが出来る達観した10歳児なんだと思うようになりました。嫌いで別れたのではない夫婦だったということもあり、これからも父母そろって涼を支えていってほしいと思います。

素直な良い子ですから、道を間違うようなことはないと思いますけれど。やはり父親がいるということは自分のアイデンティティを保つ上では重要だと思いますし、そういった意味では晴と和田が元サヤに収まるのが良いと思いますが。

青柳くんは陰なる努力家!本当にカッコ良い!

晴の元でがんばってきた青柳くんも大きな転換期を迎えて最終回となりました。

第1話から出ずっぱりで良く働いたと思います。今回、プレゼンのシーンで明らかになったのですが、入社6年目だそうです。飛躍する年齢ですよね。自分の力を信じてさらなる高みを目指して欲しいと思いました。演じた白洲迅さんにも注目していきたいと思います。スーツ姿が似合っていてかっこよかったです!

普段はあまり関わることがない事柄も多いドラマでしたが、晴のキャラクターがグイグイと引き込んでくれるので楽しく学べた面も多かったです。まだまだ晴は活躍出来るはずです。ロケットの話もぜひ観たいな、と続編を期待した最終話でした!