2020年冬ドラマ

絶対零度シーズン4「1話」のあらすじネタバレ!麻薬取締官と麻薬組織の不穏なつながり

絶対零度シーズン4

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜シーズン4(2020年版)の1話のネタバレや感想をご紹介してみたいと思います!

※1話:2020年1月6日に放送されました

1話目〜殺人を止めろ!大乱闘の豪華客船への潜入は新たな操作の始まり。自身が所属する未犯罪捜査対策準備室(ミハン)による冤罪事件が原因で妻や娘が殺されてしまった井沢。

その井沢がリーダーとして組織された新メンバーはミハンシステムが割り出した麻薬組織同士の争いを阻止するため組織が乗船する豪華クルーズ船に潜入。見事に作戦は成功しますが、ミハンメンバー内である衝撃的な事件が起こります。

絶対零度の動画配信

絶対零度シーズン4(2020年)の動画配信はFODプレミアムで独占配信されています。Amazonアカウントを使って初回登録されると1ヶ月間無料で視聴ができます。

FODプレミアム見逃し動画配信中
U-NEXT配信なし
Paravi配信なし
Hulu配信なし
Amazonプライムビデオ配信なし
dTV・dTVチャンネル配信なし
Abemaプレミアム配信なし
TSUTAYA TV配信なし

1話目のあらすじ

日本国民のあらゆる個人情報や全国の監視カメラの映像などが集約されたビッグデータを解析し、AIが統計学的に割り出した”未来の犯罪者“を、潜入・追跡捜査して犯罪を未然に防ぐ未然犯罪捜査対策準備室・通称『ミハン』。

この特命班のリーダーを務める井沢範人(沢村一樹)は、元公安のエリート刑事だが、ミハンシステムによるテストケース『0号』の冤罪事件が原因で、妻と娘を無残に殺された過去を持つ。普段は物腰も柔らかく、飄々としていてつかみどころがない井沢だったが、その裏側には刑事としての一線を超えてしまいそうな凶暴性も内包しており、警察上層部からも危険視されていた。

井沢は、ミハンが割り出した麻薬組織同士の争いを抑止するため、メンバーの山内徹(横山裕)や小田切唯(本田翼)らとともに東京と香港を結ぶクルーズ船に潜入。新たに加わった伝説のハッカー・加賀美聡介(柄本明)の支援もあり、事前に犯行を防ぐことに成功する。別の日、井沢は、山内や小田切、新メンバーのキャリア・吉岡拓海(森永悠希)とともに、ミハンの新たな拠点となる施設に集まる。

そこは、移転が決まっている公営卸売市場の地下だ。そこで井沢たちを待っていたのは、ふたりの法務省官僚――北見俊哉(上杉柊平)と、自らミハンの統括責任者を志願した香坂朱里(水野美紀)だった。香坂は、皆の前で井沢の過去とその危険性に言及し、改めて人員の見直しをするとしながらも、さっそく捜査の指示を出す。

それは、ミハンが同時にふたりの危険人物を探知するという、初めてのケースだった。井沢たちは、その危険人物たち――弁護士の田代智之(中林大樹)と、刑務所から出所したばかりの風俗店店員・藤倉尚也(篠原篤)を探るが、ふたりの間に接点はなく……。

 

※あらすじ引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index01.html

新拠点と新メンバー2名を迎えるミハン

東京サミットの開催地で爆発物が仕掛けられているという事件が発生。小田切と山内が機動隊員と一緒に現場に急行しますが、突如銃声が響き渡ります。駆けつけた小田切と山内は銃で撃たれて倒れている血塗になっている見覚えのある女性と、拳銃を持って返り血で真っ赤に染まった井沢の姿でした。いったい何が起こったのか…?

時が変わり73日前、井沢たちミハンはシステムが割り出した麻薬組織同士の抗争を阻止するために東京と香港を結び豪華クルーズ船に潜入し、見事に阻止に成功します。

別の日、港中央卸売市場に拠点を移したNSC国家安全保証 M-SYSTEM(犯罪予測システム)を起点に動く未然犯罪捜査対策準備室・通称『ミハン』に新メンバーが着任。かつて伝説の天才ホワイトハッカーと呼ばれた老人・加賀美聡介と、幼少期に俳優の経験を持つ少々生意気な性格のキャリア・吉岡拓海が加わります。

そして、ミハンの責任者として法務省官僚・北見俊哉と、自らミハンの統括責任者を志願した香坂朱里が着任し井沢たちは同様を隠せずにいます。

危険人物と判定される井沢の復讐とは?

ミハンのリーダーを務める井沢。過去にミハンシステムによる冤罪事件が原因で自身の妻と娘が殺されるという無残な過去があります。

そのため、過去を思い出されるような出来事があると暴走することや、冤罪事件の首謀者・町田が近日釈放されることから復讐のため殺害に走る危険性がありミハンシステムからも危険性を指摘されていました。

現在のミハンメンバーは一旦暫定メンバーとし、北見は山内を警務部人事課に人事異動、監察官としてミハンに出向扱い、実質は井沢の監視するための人員として配置。真相を聞いた山内は驚きますが、北見は山内に拳銃を渡し井沢が復讐に走ったり一線を超えた場合には阻止しろと命じます。

1話では二人の危険人物を同時に探知

1話ではミハンシステム初めての二人同時に危険人物を察知します。

人物は弱者を助ける人権派弁護士の田代と、刑務所出所後に風俗店ハニーハートで働く藤倉。ミハンシステムは二人が路地裏で揉み合って「殺してやる!」と叫んでいる姿を捉えます。そして田代は拳銃を、藤倉は青酸カリを自宅に所持。お互いに殺意を持っている可能性が高い推測をします。

正反対とも言える二人の経歴から、まずは二人の共通点をぐるため周囲から探ることから始まりそれぞれ潜入捜査を開始します。

二人の共通点として一人の女性が浮かび上がる

実は田代には婚約者を亡くした過去があり、セラピーに通っていることが判明します。

同じくセラピーに潜入した小田切は、田代にはある薬害訴訟がきっかけで知り合った看護師の女性と付き合うことになり結婚する予定でした。ところが、5年前の朝日山岳鉄道の脱線事故で犠牲となっていたのです。女性の名前は歩美という人物。

実は、この歩美が藤倉の幼なじみだったのです。

歩美は藤倉が幼い時に両親を亡くし失意で自殺しようとした時に助けになり必死に看病した女性であり藤倉自身が愛している人物でした。もちろん田代と婚約したことを知った際も彼女のことを藤倉は愛していました。

とはいうものの彼女が亡くなったのは5年前、何を今更揉める必要があるのか?真相を突き止めるため加賀美がハッキングし、藤倉が働いている風俗店のオーナー・近藤が、以前にミハンが豪華客船で検挙した麻薬組織リーダー・垣内と金で繋がっていることが判明します。

全ての黒幕は麻薬取締部の岸本という人物だった

その夜、近藤がある人物と高級料亭で密会する予定があり藤倉が近藤の付き人として同席していました。果たして密会する人物とは誰なのか?

料亭の監視カメラをハッキングして見ていた加賀美は密会する人物を顔認証で分析。その人物は厚生労働省・麻薬取締部の岸本という刑事だったのです。

さらに調べていくと、朝日山岳鉄道の脱線事故には岸本の同僚が乗っていたことがわかります。井沢たちミハンは、その同僚が何らかのタイミングで岸本が麻薬組織との関わりがあることを知ってしまったために事故に見せかけ殺害したのではないかと推測します。

同時に麻薬組織の垣内の部下の佐川という人物が、藤倉と同じ三原刑務所に服役していたことがわかり、吉岡が佐川に接触。

実は佐川は、誰からの依頼かもわからないままターゲット(岸本の同僚)が列車に乗り込むのを確認する仕事をやらされていたのです。

そのことを佐川が刑務所で事故のテレビ中継を見ながら呟いていたのを藤倉が目撃し、朝日山岳鉄道の脱線事故には何らかの裏があると思い、近藤に接触したことが明らかになります。真相を知った井沢は、岸本の悪行を知り「本物のクズだ…」と言います。

真実が判明したことで井沢は、香坂に朝日山岳鉄道の断線事故は事故ではないと言い本格的に動き出します。

岸本への復讐に動き出す田代と藤倉

真実が明らかになったと同じタイミングで、ついに田代が拳銃を持ち出し、岸本殺害に動き始めます。車から降りてくる岸本を待ち伏せし今にも撃とうという時に間一髪で止めに入ったのは藤倉でした。

田代が人を助ける仕事で活躍している姿を見て喜んでいる歩美を見ていた藤倉は田代を殺人犯にさせまいと必死に止め、やるなら二人でやろうと言います。

そして朝日山岳鉄道の断線事故ちょうど5年目を迎える日、二人は決意を胸に事故現場で黙祷を捧げる田代と藤倉。そこへ通りすがりを扮して井沢が現れ自分も妻と娘が殺され、犯人を殺そうと思ったこともあった。ただ自分にはできなかった。自分が正しいと思う道を進むしかない。と言います。

果たして井沢は岸本殺害を阻止するためだったのか?それとも大切な人を亡くした時の心情をただ伝えるためだったのか?意味深なまま立ち去ります。

藤倉は一人で岸本を殺害するつもりだった

岸本殺害決行当日、なんと藤倉は田代を襲い拘束します。

藤倉は亡くなった歩美のためにも田代を絶対に殺人犯にはさせないと誓っていたのです。そして自ら一人で藤倉は岸本を殺害に向かい、持っていた青酸カリが入ったカプセルを口に咥えます。岸本を殺害した後は、自分も自殺するために青酸カリを入手していたのです。ところが、襲撃目前にして藤倉は岸本と関与する麻薬組織に見つかってしまい捕まってしまいます。そしてスクラップ工場へ連行され鉄屑とともに殺されそうになります。

ちょうどそのタイミングで井沢たちミハンが現れ、事態は収集しますが岸本が逃げ出し通りがかった母娘二人を人質にし、母をナイフで刺します。岸本を追っていた井沢は母親がナイフで刺されたのを見て、自分の妻が殺害されてる光景を思い出しショックで自分を見失ってしまいます。

後から駆けつけた山内が、とっさの判断で銃で岸本の肩を打ち母娘を救出しますが井沢は過去の記憶を押さえ切れないかのように動けなくなっている岸本を銃で撃ち殺そうとします。

井沢が発砲しようとした瞬間、山内が覆い被さるかのようにそれを防ぎ、あなたを絶対に人殺しにさせない。もしあなたが一線を越えるなら俺が止めると言い井沢を抑え込みます。

藤倉と田代はそれぞれの道へ進むことに

事件は無事収集し、藤倉と田代は執行猶予がつき事なきを得ます。そして藤倉は岸本たちから負った傷を治したら陶芸を、田代は弁護士を続けるという約束をお互いに誓います。

深まる謎と気になる伏線

朝日山岳鉄道の断線事故に関わる一連の殺人事件は無事解決に向かったものの、過去の復讐心を隠せない井沢の周りでは様々な伏線が展開されます。

1話では明らかになりませんでしたが、その後どんな展開が待っているのか?続きがとても気になります。

町田が別荘で殺害される

ミハンによる冤罪事件が原因で井沢の妻と娘が殺されたことに関わる首謀者とも言える町田が釈放されます。釈放後、町田は身を隠すために別荘で保護されますがそこで贅沢三昧な毎日を送っています。

釈放後すぐに、井沢が町田が隠れている別荘に乗り込み事件の真相を話すように迫りますがにちに町田は別荘で死体として見つかります。

果たして、町田を殺害したのは井沢なのか?真実が明らかにされていませんので今後の展開が気になるところです!

宇佐美と接触する香坂。そのわけとは…

1話では、井沢の妻と娘を殺害した実行犯・宇佐美と香坂が刑務所で面会をしています。二人が接触しているのを見かけた井沢はなぜ接触しているのかを香坂に問い詰めます。

ところが香坂は普通の官僚ではできないような武術を使い井沢を振り払い只者ではないところが見え隠れします。香坂はなぜ宇佐美に接触しているのか?とてつもないどんでん返しが待っていそうな予感です!

サミットの日に撃たれた女性は香坂だった

1話の冒頭で撃たれて血塗れになって倒れている女性は、実は香坂でした。隣には返り血を浴び銃を持ったまま立ち尽くしている井沢の姿があります。

これにはどんな真実があるのか?井沢の復讐心と香坂には何らかの関係があるのでしょうか?こちらも展開が気になるところです!

絶対零度シーズン4
絶対零度シーズン4(2020年)の見逃し動画配信!お得に無料視聴する方法絶対零度シーズン4〜未然犯罪潜入捜査〜シーズン4(2020年)の1話〜最終回まで全話の見逃し配信や無料動画見れる動画配信サービスはある?...